バランスボール・健康

バランスボールを使っていると、筋肉の量も増えて、基礎代謝が高まり、平衡感覚・バランス感覚を身につけることが出来ます。
バランスボールは、もともと医療用に開発され、リハビリ用に使われていました。
現在では色々な場所で正しい姿勢やバランス感覚や平衡感覚を学ぶ道具として、また、病院などで運動障害患者の治療、リハビリなどにも使われています。
リハビリに使うと聞くと機械的なものを想像してしまいますが、見た目も可愛いバランスボ−ルを使うことで、楽しくリハビリが続けることが出来ます。
フィットネスやスポーツトレーニングにも効果があるということがわかってから、エクササイズの道具としてバランスボールは世界中に広がり、幅広く使われるようになりました。
バランスボールを使う事によって、体の筋肉が鍛えられ増えていき、姿勢が良くなって、血行も良くなるので基礎代謝が高まります。
そしてこれをどんどん続けていくと、脂肪が燃焼していくのです。
バランスボールで紹介しないといけない事は、体幹筋肉(インナーマッスル)という部分が鍛えられることです。
体幹筋肉というのは、姿勢やバランスを制御する筋肉で身体の奥にあるので、一般的なトレーニングだと鍛えられないのです。
しかもバランスボールはゆがみを矯正してくれるので、腰痛などの治療にも役立ちます。
バランスボールについてのポイントは次の通りです。
・ボールを用意すれば誰でも簡単にエクササイズできます。
・ボールには正しい姿勢で座る事が大事です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。