バランスボール・骨盤の動き

まずバランスボールに乗りながら、誰か協力してくれる人に両脇に腕を入れた状態で持ち上げてもらいます。
それをするとお尻がバランスボールから浮いてくると思います。
そしてその次に、お尻だけを前と後ろへ動かしながらバランスボールを動かしてみてください。
上で紹介した姿勢でエクササイズしていると骨盤の前後の動きを意識しやすくなってきます。
慣れてくると協力者なしで、一人で出来るようになります。
このようにしながらバランスボールで「骨盤を前に動かす」ということを体感して知ってから、バランスボール無しでも出来るようになりました。
「これで出来ているんですか?」と不安げでしたが出来ていました。
つまり日常ではあまり、この動きを意識してしたことがないので分らないんでしょう。
このようにバランスボールに乗ると日常ではしない動きが簡単にできるようになります。
ですから、バランスボールに座って遊んでいるだけでもストレッチになります。
バランスボールに座って勉強している子供達もいます、その光景はチョッと見、腰をくねらせたり、時にはバウンドしたりしています。
が、みんな無意識に固まった姿勢をほぐしているわけです。
イスに座ってはできないこんな動きが、バランスボールにはできます。
成長期の子供の正しい骨格の形成に、とっても役立ちます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。