バランスボール・有酸素運動

家の中で出来るエクササイズとしてバランスボールを紹介します。
バランスボールとは大きさが直径60センチメートルで、空気で膨らませたボールです。その他の種類もあります。
人が全体重をかけて乗っても、座ったまま飛び跳ねても割れない素材でできています。
そのクッションのような性能や丸い形状を利用して、考えられたのがストレッチや筋肉トレーニング、有酸素運動などさまざまなエクササイズなどです。
有酸素運動と筋肉トレーニングを同時にできるバランスボール。
みなさん調子に乗りすぎて転ばないように注意してください。
ストレッチの中にはバランスボールに座って上下に飛び跳ねたりします。
一見簡単そうな動作のように思えますが、丸いボールの上で上半身を使ってバランスを取りつつ、下半身を使って動きです、決して簡単な動きではありません。
これは全身の筋肉を使う複雑で激しい有酸素運動です。
また、この時ボールが下方向への衝撃を吸収するので、まっすぐ飛び跳ねるよりもバランスボールは音が静かで床にダメージを与えにくくなっています。
ここでまたボールに座った状態に戻ります。
さらに、有酸素運動と筋肉トレーニングの中間的な使い方をご紹介します。
バランスボールに座った状態で、前後、左右に歩きます。
バランスボールに座った姿勢で、脚を使って前に歩いていって、ボールがお尻から腰、背中、肩へと移動した状態となります。
この状態から後ろに移動して元の状態に戻ります。
この作業を何度も繰り返します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。