バランスボール・人気の秘密

バランスボールは手軽に出来るので人気があります。

バランスボールを使用してエクササイズするのが人気のわけは、年配の方や子供まで幅広い年齢の方誰でも手軽にできるからです。

バランスボールを使ったエクササイズを簡単に紹介します。

バランスボールとはボールの回転と弾みを使って誰でも簡単に手軽にできるエクササイズ、TVを見ながらでもできるエクササイズです。

バランスボールとは今や、テレビや雑誌で注目のアイテムです。

なぜそんなに人気がでたのでしょうか?

バランスボール使う事によって普段あまり使うことがないインナーマッスルという部分を鍛えることが可能です。

このバランスボールを使ったストレッチを行うことで、体は脂肪を燃焼しやすい体になってくれます。

ダイエット、エクササイズ、健康管理、健康維持などに適しています。

★バランスボールの使い方の紹介

・付属のエアーポンプのホースをボールの空気穴に差込んで、エアーポンプを押して空気を入れます。

・付属の栓を空気穴に差し込みます。

・トレーニング方法は付属の説明書を参考にしてください。

(注意)空気を入れすぎると破裂する恐れがあるので空気圧、大きさに十分注意しながら入れてください。

バランスボール・トレーニング効果

バランスボールでエクササイズすると色々な効果がでるのを知っていますか。
たとえばみなさんの身体のゆがみを、バランスボールを使う事で治してくれます。
最近の人たちは日々の運動不足、姿勢の悪さが原因で骨盤などが大きくゆがんでいます。
身体がゆがんでいると、頭痛、肩コリ、腰痛などの原因となります。
それに年をとっていくにつれて腰が曲がってしまい、転びやすい、などの影響が出てきます。
バランスボールで体のゆがみを直すと、血液の流れが良くなり、身体の中の疲労物質がためられにくくなるので疲れにくい体になることが出来ます。
ほかにも、体内の基礎代謝の量が上がるなどさまざまな効果があります。
その他、バランスボールを使ったストレッチの効果で、仕事や家事などで疲労した体の筋肉をほぐしてくれたり、筋トレで、筋肉量を増やしたうえで持久力をつけることでダイエットに欠かせない有酸素運動の効果を上げてくれます。
ここからはバランスボールを使ったストレッチの効果を紹介します。

●バランスボールの関節のセンサーを改善すると、捻挫などの怪我を防ぐだけではなく、安定したスムーズな動作ができます。
リハビリにも効果があります。

●バランスボールを使って不安定な姿勢保ちながら筋肉をトレーニングすると、中枢神経系=状況判断と筋力が統合して、よりスポーツに実践的なトレーニングが可能です。

●バランスボールでの姿勢を安定させることで、今までのエクササイズはあまり使われなった筋肉が使われるようになり、とても効果的なエクササイズが出来ます。

●スポーツ選手の遠征期間の身体を維持するトレーニングにも、フットネス愛好家の方のトレーニングにも使えます。
どこでも手軽に楽しくトレーニングすることが出来るのがうれしいですね。

バランスボール・評判

バランスボールの口コミ紹介です。

■Meikoさんの場合
バランスボールは私の最近のお気に入りアイテムです。
実家においているため自宅ではできませんが、実家に行ったときは必ずテレビを見ながらなど手軽に使っています。
座るだけといいますが、床に足はつけないで、足を開いてボールを挟み込みながら座っています。
内転筋が鍛えられるみたいで、最初は太腿の内側がかなりの筋肉痛になりました。

■ひろさんの場合
3ヶ月前から部活仲間の間で話題になっているバラスボールのトレーニングを始めてみました。
バランスボールの使い方によって、色々なトレーニングが可能なのでスポーツをしているかたにはおすすめです。
バランスボールを始めたばっかりのときはボールに座って10秒ももたなかったのに、いまでは45秒ぐらいは座っていられるようになりました。
テレビや携帯ゲームなどをしながらできるのに、ウエストが締まってきたのは驚きました。
身体を鍛えるのにバランスボールはすごくお勧めです。

■Tomokoさんの場合
バランスボールはたとえ運動嫌いの人でもいろんな使い方が出来ます。
曲がった姿勢を正すのにも良く、跳ねたり、ヨガをするだけで少しずつ腹筋・肺筋鍛えられます。
バランスボールは見た目よりは きついですけどTVをみながらでも出来ます。
運動前と運動後で0.5kgぐらいの差がついたこともあります。
初心者から上級者までどなたでも楽しめます。

バランスボールチェア・効能

バランスボールチェアの長所。

世界の中でも姿勢が悪い人が多いことで有名なのが、日本人だそうです。

骨のゆがみや筋肉の偏りの原因になり、さらには内蔵の不調をも引き起こすなど、姿勢が悪いと良いことは一つもありません。

見た目もとても悪いですしね。背骨の中にある脊髄から出ている、全身に通っている神経は、背骨がずれることで圧迫されてしびれや痛みの原因となります。

事故などで外部から強い力がかかったりすることでも背骨がずれたりしますが、無理な姿勢や悪い姿勢が長時間続くことで神経の伝達が悪くなり、筋肉のバランスがくずれて緊張した側の筋肉に背骨が引っ張られることもあります。

毎日の生活から気をつけたい物です。日常の生活を送る中で、良い姿勢を保つことが、病気予防となります。

「バランスボールチェア」は 、それに座るだけで脊髄の矯正トレーニングが自然にできるものです。

ボールの上に座ることで、身体が自然にバランスをとってくれます。自然と正しい姿勢をとることになるのです。

そして、それをつづけることによって、背骨の周りにある筋肉が正常な形をとろうとして、脊髄の位置矯正が自然と行われます。

また、筋肉の動きにより、血行も良くなって腰痛予防にもつながります。さらに、姿勢を安定させようと内側の筋肉がバランスよくつくことがシェイプアップにもつながります。

バランスボール・効果

バランスボールをご存知ですか?
バランスボールとはエクササイズなどで使用されているボールです。
このバランスボールは名前のとおりバランストレーニングに最適な事でアメリカなどでは大人気商品になっています。
日本でも最近、人気が出てきました。
バランスボールっていったいどんなボールなのでしょうか?
バランスボールは本来エクササイズやストレッチ等でつかわれるもので、バランスボールと呼ばれているのはバランス感覚の鍛えるのによく使うためです。
バランスボールはゴムボールが大きくなったような見た目をしていて、寄りかかったり上に乗ったりとバランスボールの使い方は種々あります。
それにバランスボールの使用方法もリラックスさせる、悪くなった姿勢をよくする、筋肉を鍛えるなどあります。
その中でも一番の効果はボールの形状を生かしたバランストレーニングです。
バランスボールを使うと腰痛も効き目があります。
バランスボールを使う事によって腰痛にも効果があります。
バランスボールは上半身と下半身の2つの箇所に対するエクササイズあります。
そのためなのかバランスボールは運動を楽しむことが可能です。
バランスボールを使う事によってどの部分の筋肉が鍛えられるのでしょうか?
それはあんまり使うことのない筋肉を鍛えることができるのです。
さらにバランスボールは背筋や腹筋も鍛えることができます。
バランスボールはバランスだけではなく筋力も鍛えることができるというわけです。

バランスボール・有酸素運動

家の中で出来るエクササイズとしてバランスボールを紹介します。
バランスボールとは大きさが直径60センチメートルで、空気で膨らませたボールです。その他の種類もあります。
人が全体重をかけて乗っても、座ったまま飛び跳ねても割れない素材でできています。
そのクッションのような性能や丸い形状を利用して、考えられたのがストレッチや筋肉トレーニング、有酸素運動などさまざまなエクササイズなどです。
有酸素運動と筋肉トレーニングを同時にできるバランスボール。
みなさん調子に乗りすぎて転ばないように注意してください。
ストレッチの中にはバランスボールに座って上下に飛び跳ねたりします。
一見簡単そうな動作のように思えますが、丸いボールの上で上半身を使ってバランスを取りつつ、下半身を使って動きです、決して簡単な動きではありません。
これは全身の筋肉を使う複雑で激しい有酸素運動です。
また、この時ボールが下方向への衝撃を吸収するので、まっすぐ飛び跳ねるよりもバランスボールは音が静かで床にダメージを与えにくくなっています。
ここでまたボールに座った状態に戻ります。
さらに、有酸素運動と筋肉トレーニングの中間的な使い方をご紹介します。
バランスボールに座った状態で、前後、左右に歩きます。
バランスボールに座った姿勢で、脚を使って前に歩いていって、ボールがお尻から腰、背中、肩へと移動した状態となります。
この状態から後ろに移動して元の状態に戻ります。
この作業を何度も繰り返します。

バランスボール・効果的使用方法

バランスボールを効果的に使用するには次の3つがポイントです。
・勢いを付けて使用しないこと。
急激な運動をすると腰に負担がかかってしまい逆効果です。
・バランスボールでのストレッチは最低3ヶ月続けること。
ダイエットと一緒でやはり毎日続ける事が大切です。
・あまり無理をしないこと。
無理に続けていると筋肉を痛め痛めてしまい、続けることができなくなってしまいます。
バランスボールは何に効果的なのでしょうか?
1、ゆがみ解消。
体だけではなく、普段あまり使用しない筋肉を使用します。小さな筋肉を鍛え、身体のゆがみを治してくれます。
2、脂肪燃焼効果
普段あまり使う事のないインナーマッスルという筋肉を鍛えることが可能です。
バランスボールを使ったエクササイズをすることによって、体は脂肪を燃やしやすい身体になって、ダイエットに効果があります。
3、腰痛軽減
腰痛になっている方は腹筋や背筋が弱いと言われています。
バランスボールをする時バランスをとろうとすると無意識ですが普段あまり使わない筋肉を使い、しらないうちに腹筋、背筋が鍛えられ腰痛を治してくれます。
4、手軽にできる
椅子の代わりにバランスボールを使っている人もいます。
テレビを見ながら座っているだけでエクササイズになるのです。
室内でストレッチ可能なので、天気に関係なく行う事が可能です。

バランスボール・腰痛

バランスボールと腰痛の関係について質問

【質問】

私は、このまえ病院にいったら先生に「バランスボールは腰を悪くするから止めた方がいいよ」と言われてしまいました。
病院にいくまではバランスボールを使って腹筋運動などをしていたのですが、それほど腰に負担がかかっているという感じではなかったとおもうんですが。
もしかして、これは知らず知らずのうちに腰に負担をかけてしまっているのでしょうか?
それとも私の使い方が悪く使い方次第なのでしょうか?
今はバランスボールを使っていません。

【回答】

バランスボールを使っての腰痛はやはり使い方だと思います。
バランスボールを使って腹筋運動をするのも、良くも悪くもなると思います。
病院の先生が「腰を悪くする」と言ったのは、たぶんボールの上に座った状態、座った状態から足を浮かせるなどバランスが不安定になるからで、そうすると人間の身体は無意識で身体を安定させようとして腹筋や背筋に力を入れようとする働きがあり、腰痛がある場合、かなり背筋に力を入れてしまって、腰痛を引き起こしてしまうという意味でおっしゃったと思います?
腰痛にも色々種類があります。
反り返って痛む腰痛、身体を丸めて痛む腰痛などなど。
まず、自分はどんな事をしてどんな風にすれば腰が痛んでしまうのかを考えて、どのような姿勢がだめなのかを知っておくといいと思います。
それさえ知っておけば、いくらバランスボールを使っても大丈夫だと思います。

バランスボール・骨盤の動き

まずバランスボールに乗りながら、誰か協力してくれる人に両脇に腕を入れた状態で持ち上げてもらいます。
それをするとお尻がバランスボールから浮いてくると思います。
そしてその次に、お尻だけを前と後ろへ動かしながらバランスボールを動かしてみてください。
上で紹介した姿勢でエクササイズしていると骨盤の前後の動きを意識しやすくなってきます。
慣れてくると協力者なしで、一人で出来るようになります。
このようにしながらバランスボールで「骨盤を前に動かす」ということを体感して知ってから、バランスボール無しでも出来るようになりました。
「これで出来ているんですか?」と不安げでしたが出来ていました。
つまり日常ではあまり、この動きを意識してしたことがないので分らないんでしょう。
このようにバランスボールに乗ると日常ではしない動きが簡単にできるようになります。
ですから、バランスボールに座って遊んでいるだけでもストレッチになります。
バランスボールに座って勉強している子供達もいます、その光景はチョッと見、腰をくねらせたり、時にはバウンドしたりしています。
が、みんな無意識に固まった姿勢をほぐしているわけです。
イスに座ってはできないこんな動きが、バランスボールにはできます。
成長期の子供の正しい骨格の形成に、とっても役立ちます。

バランスボール・健康

バランスボールを使っていると、筋肉の量も増えて、基礎代謝が高まり、平衡感覚・バランス感覚を身につけることが出来ます。
バランスボールは、もともと医療用に開発され、リハビリ用に使われていました。
現在では色々な場所で正しい姿勢やバランス感覚や平衡感覚を学ぶ道具として、また、病院などで運動障害患者の治療、リハビリなどにも使われています。
リハビリに使うと聞くと機械的なものを想像してしまいますが、見た目も可愛いバランスボ−ルを使うことで、楽しくリハビリが続けることが出来ます。
フィットネスやスポーツトレーニングにも効果があるということがわかってから、エクササイズの道具としてバランスボールは世界中に広がり、幅広く使われるようになりました。
バランスボールを使う事によって、体の筋肉が鍛えられ増えていき、姿勢が良くなって、血行も良くなるので基礎代謝が高まります。
そしてこれをどんどん続けていくと、脂肪が燃焼していくのです。
バランスボールで紹介しないといけない事は、体幹筋肉(インナーマッスル)という部分が鍛えられることです。
体幹筋肉というのは、姿勢やバランスを制御する筋肉で身体の奥にあるので、一般的なトレーニングだと鍛えられないのです。
しかもバランスボールはゆがみを矯正してくれるので、腰痛などの治療にも役立ちます。
バランスボールについてのポイントは次の通りです。
・ボールを用意すれば誰でも簡単にエクササイズできます。
・ボールには正しい姿勢で座る事が大事です。

バランスボール・ゆがみ解消

バランスボールを使ってゆがみを解消しましょう。
人間の身体は左右ありますが、動きは左右対称ではありません。
立ったり座ったり動きのどれも、手には右利きと左利きがあるように、身体全体の左右のバランスも違っているのです。
ですからほとんどの人が、微々たる物ですが、左右の肩の高さ、脚の長さなどが違ったりで、身体が歪んでしまっています。
そこで、私はバランスボールをお勧めいたします。
バランスボールを勧める1番の理由はやっぱり楽しんででき、他の方法に比べ、取り組みやすいことです。
面倒くさい、時間がないという理由で、多くの人が途中で断念してしまっています。
それに比べてバランスボールの場合は、普通に座っていた椅子をバランスボールに変えて生活していただくだけでそれなりに効果があるのです。
デメリットは場所をとってしますことです。
バランスボールのエクササイズは、バランスを取る事が重要なので身体の左右どちらかに傾いて力が加わっていては、ボールの上に載ることは出来ません。
バランスボールでインナーマッスルを鍛えましょう。
バランスボールのいいところはたくさんありますが、そのなかでも体幹部のインナーマッスル、普通のトレーニングでは鍛えられない筋肉も鍛えてくれます。
ですから、バランスボールで鍛えると見た感じも引き締まって、筋肉量が増加し基礎代謝が上がるわけです。

バランスバール・高島彩

バランスボールは多くのテレビ番組でも取り上げられています。
例えば、高島彩さんが挑戦しているのを見た方もいらっしゃると思います。
話題性もあって、誰でも簡単に始められる。
それに各地ではバランスボールの教室もひらかれています。
バランスボールを使った運動はいろんな種類があります。
始めのうちはバランスボールをする際、あまり慣れていないとうまく使いこなせないでしょう。
ですが、バランスボールは一度使い方を覚えるとそれほど難しくはありません。

●高島彩ことアヤパン、バランスボールでM字開脚放送事故!●
高島彩アナウンサー股間見えてしまい股を開いてポヨンポヨン跳ねる様子は、やばいです。
高島彩アナウンサープロフィール
本名・高島 彩
職業・アナウンサー
愛称・アヤパン
身長・162.8cm
血液型・B型
好きなもの・窓を開けてのお昼寝、ショッピング、カラオケ、ドライブ
高島彩アナウンサーといえばフジテレビですが、最近フジテレビのホームページ、アナウンスマガジンで、高島さんのプロフィールと画像を発見しました。
高島彩さんといえば、ニックネームがアヤパン。みんなにアヤパンと親しまれています。
高島アヤといえばめざましテレビ、ほかにも数多くの人気番組を担当しています。
成蹊大学の出身です。
あの安倍晋三元内閣総理大臣も成蹊大学出身だったことをご存知ですか?

バランスボール・猫背解消

うちにもゼビオスポーツで買った、今話題のバランスボールがあるんですが。
それが、黄色いバランスボールなんです。
今バランスボールが家にあって、邪魔で仕方ないと思ってるそこのあなた。
それは間違いです。
今人気がでてきているので、ご存知の方も多いと思いますが、バランスボールは、ソフトなゴム素材でできており、エクササイズなどが簡単にできるため、人気があります。
丸いボールですから、正しく座るのも最初は難しいですが、その座るだけでもエクササイズになってるんです。
肩こりや腰痛に悩んでる女の方も多いでしょう。
その凝りの原因は、筋肉の使い方が偏って血のめぐりが悪くなっているためです。
筋肉を的確に動かして、バランスのいい運動をすると改善出来ます。
そこで、このバランスボールがいい道具なのです。
はじめはやってみると、うまく座るのが難しいのですが、だんだんコツをつかんでくると、座りながらお尻を前後・左右に動かしてエクササイズできるようになります。
バランスボールは軽く運動するだけで、骨盤周辺の筋肉をしっかり鍛えてくれます。
バランスボールのいいところは、
・バランスボールを使う事で姿勢が良くなる。
・普段使わない筋肉を鍛えてくれる。
はじめは猫背で血のめぐりが悪かった人も、背筋が伸びて姿勢が良くなるので、背中の筋肉が緩んで血流が上がります。
つまり、新陳代謝されるのです。

バランスボール・空気の入れ方

バランスボールの空気の入れ方です。
バランスボールの空気の入れ方はいたって簡単です。
普通のプールで使うような大きい浮き輪のような雰囲気で膨らまします。
バランスボールの穴にポンプのホースを差込んで、黄色いポンプを足で踏んで空気をいれ膨らましていきます。
ふくらんだら、ボールに付属のピンでボールの穴に栓をすれば、出来上がりです。
これはバランスボールの種類にもよりますが、基本的には空気入れが付属で付いてきます。
それで空気を入れます。
買うときに空気を入れるポンプがついているのか確認してください。
ここからはいろんな質問に簡単に答えていきます。
このボールで一体何が出来るのですか?
まずボールに座るだけでも、身体が鍛えられストレッチになります。
ボールの選び方は?
大きく分けては三種類あります。
まず155cmまでは直径55cmのボールそして155〜180cmまでは65cm最後に180cm以上は75cmです。
また空気の入れ方でも変わってきます。
フィットネスクラブに行く時間がありません。
家で出来るダイエット運動を教えてください。 
日本人のほとんどが運動不足が原因で肥満になっています。また、肥満の原因の多くは、ワンパターンな日常生活からきています。
日常的に使わない筋肉が多くなって、そして硬くなっています。
バランスボールはそのあまり使わない筋肉を含め多くの筋肉を鍛えてくれるのです。

バランスボールの教室紹介

バランスボール教室を紹介します。

住所:神奈川県藤沢市辻堂元町 1-2-6
TEL :466−33−3299
FAX :0466−33−3189
e-mail:y@etc-karada.com
バランスボール指導担当スタッフ:
内海頼子
東京女子体育短期大学卒業
セントラルフィットネスクラブ湘南台勤務
日吉整形外科・ペインクリニック勤務
アダージョダイエットクリニック トレーナー勤務
リラックスステーション整体院勤務
現在は健療施術院にて施術・体操指導にあたっています。
新体操暦10年 インターハイ団体3位
エアロビクス&フィットネスインストラクター暦10年
元気になれる体操教室のレッスン内容
ストレッチ、柔軟体操、ヨガ、ピラティス、気功、呼吸法、バランスボールなどいろいろなものを組み込んだ健康体操。
これで自律神経の働きを正常にしていきます。
【お勧めする人】
肩こり、腰痛、膝・股関節の痛み、軽度な自律神経失調症などの症状の方。
重症の方は病院での治療をお勧めします。
運動不足、健康維持・美容にも効果的。
金曜日クラス・14:15〜15:15
土曜日クラス・10:45〜11:45
月謝制・1ヶ月:¥6,300 
体験参加・(初回のみ):¥1,500
単発参加・1回:¥2,000

バランスボールでダイエイット

みなさんもバランスボールを使ってダイエイットしましょう。
みなさんはストレッチやヨガをしていますか?
私は最近、すっかり運動不足です。
反省の意味もこめまして、ダイエット情報を提供します。
今はダイエットや運動にもいろんなものがあると思います。

ところで、これは、昨年購入したものの話なのですが バランスボールというものをみなさんご存知ですか?
私が使っているのは表面がボコボコしているタイプです。
これはすべらないので、とてもいいとおもいます。
他の色々な商品はネットや通販などでいろいろ調べられますので、是非調べてみてはいかがでしょうか。
運動などのストレッチのやり方は、本やネットなどに載っていると思います。
最初は普通に座ることもバランスをとるのが難しいので困難ですが、だんだんできるようになります。
海外の学校では授業する椅子がバランスボールになっているところもあえいます。
姿勢もよくなり集中力もアップします。
バランスボールは、私の最近のお気に入りです。

バランスボール・ダイエットトレーニング

バランスボールを使ったダイエットトレーニングを始めませんか?
バランスボールといったら、座ってエクササイズするものと思い込んでいる方も多いと思います。
座って弾んでトレーニングもいいですが、ボールはいろいろなポーズで鍛えたい部分を鍛えられる優れものです。。
スクワットなど定番種目にバランスボールを使う事によって難度があがります。
不安定なボールを使いながら身体を安定させようとするので、知らないうちに色んな部分の筋肉が鍛えられていくわけです。
これからかく種目でも、アウターマッスルから、インナーマッスルまで、バランス良く鍛えられます。
バランスボールを持っていない人はすぐに買いに行ってください。
10回、3セットを基本に、週2〜3回続けてください。
初心者は必ず空気をしっかり入れて行ってください。
バランスボールを使用するときは滑りにくい場所を選ンで下さい。
ボールから落ちても大丈夫なように、柔らかいマットの上などで周囲に物がない場所で行うことが大切です。

お腹エクササイズトレーニング
膝で立ちお尻を上げながら、ボールに肘をつきお手を合わせて両手を組み、顎を引いて額をつける。
お腹を丸めて構える。
肘の三角形を崩さないようにしてください。
お腹を伸ばして顔を上げつつ、膝と頭とお腹が全て一直線になるようにボールを前に転がし、戻ります。
このとき腰を反らしすぎないように注意しましょう。

バランスボールとは

バランスボールとは、大きめのゴムボールを使い、エクササイズを行うことです。
スポーツジムをはじめ、いろいろな場所で大分定着しました。
最近では学校やオフィスでも色々な方法で使用されるようになってきました。
ここでは、バランスボールの効果、エクササイズなどを紹介します。
バランスボールが生まれたのは、スイスでリハビリテーション用具として開発されました。
その後病院やスポーツジムなどから広まってきました。
世界的なアスリートのトレーニングメニューにもバランスボールは取り入れられていて、日本ではサッカーの中田英寿選手が使っていることで有名です。
バランスボールにはいろいろなタイプがあって、利用目的や身長に合わせて選びます。
下を参考にして下さい。
身長〜100cm サイズ35cm
身長100〜120cm サイズ45cm
身長120〜155cm サイズ55cm
身長155〜170cm サイズ65cm
身長175〜190cm サイズ75cm
身長190cm〜 サイズ85cm
座って膝を曲げたときに、膝の角度が90度になるのが最適だそうです。
バランスボールは座っているだけでも筋肉を鍛えられます。
座ったときの効果は、
・インナーマッスル(インナーマッスルとは、骨のまわりなど体の中心につく筋肉のことで、普段の生活では鍛えられない筋肉です)を鍛える。
・姿勢の矯正
バランスボールに座っているだけで、自然と体のバランスが整うので、体のゆがみがなくなり、姿勢が良くなります。
・血行改善
いろんな部分の筋肉を使っているので、血行がよくなり冷え性や腰痛の改善、疲労回復に効果があります。

バランスボール・ダイエイット

◆バランスボールでダイエット

ダイエットなどしなくてもたくさん食べても太りにくい、普通に食べてスリムな体型を維持することが出来るといった痩せる体質の人は、とてもうらやましいです。この体質の人は、エネルギーの消費量が大きかったり、食べ物の消化吸収能力が低かったりします。
前の方の、体質なら申し分ありません。この体質にバランスボールを使うと効果があります。

◆バランスボールの効果
バランスボールを使うことによって体幹筋肉(インナーマッスル)が鍛えられます。インナーマッスルは、身体の奥の方にある普通のトレーニングでは鍛えるのが難しい筋肉ですが、姿勢やバランスを整えたりする大切な筋肉です。
また、バランスボールは、身体の歪みを矯正し、腰痛も緩和してくれます。

◆バランスボールのトレーニング方法
1.基本・ボールの真ん中に座る。
2.背筋を伸ばして軽く弾んでみる。少しずつ、かかと・つま先・片足などを上げたりして身体を動かしていく。
3.バランスが上手く取れるようになったら、手を離して胸の前で腕を組んでみる。
ジムでは、次のような事も出来ます。
*バランスボールの上に仰向けになって身体を伸ばす。
*体の横にバランスボールを入れ、身体側を伸ばす。
*バランスボールをお尻の下に入れて、立て膝をする。そして身体を前後に動かす。
*バランスポールに足を乗せ、腕立て伏せをする。

バランスボール・筋肉

バランスボールは、とても素晴らしいものです。
バランスボールは、上に乗ってバランスを取るだけで、全身の筋肉を鍛えることが出来るという素晴らしいものです。
腹筋・背筋・お尻の筋肉・太ももの筋肉などの、体幹筋肉・大きな筋肉のトレーニングを行うのに、何種類もの方法があって楽しめるのと、またやりやすいのです。大きな筋肉を鍛える事は、脂肪をたくさん燃焼することになるのでバランスボールトレーニングは、ダイエットにも適しています。球形のボールに乗ることで、バランスを保とうとして、全身の筋肉を緊張させることが可能です。また、球形で柔らかいバランスボールでは、”ひねる”動作が行いやすいので、トレーニング方法の幅が広がります。
また、バランスボールのトレーニング方法はたくさんあるので、各人に合わせて、マンネリ化になることもなく続けることが出来ます。
ところで、大きいバランスボールは邪魔になると思われるかもしれませんが、これを椅子として使えば日常的にトレーニング出来るし、姿勢もよくなり、おしりも痛くないと良いことずくめです。色の種類も豊富ですし、楽しく使えます。実際に椅子として使っているところもあえいます。
それに、片づけられずに近くにあると言うことは、いつでも使えるという事です。思いついたときにさっと使えます。
最後に、注意点として
◆バランスボールの周辺に物を置かない。
◆身長に合ったサイズを選ぶ。
◆個人に合わせて空気量を調節する。
◆丈夫な物を選ぶ。
◆足下が滑らないように注意する。エクササイズ用のマットなど使用する。
などに気を付けて楽しくバランスボールを使いましょう。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。